大学中退ニートから正社員へ、おすすめ就職サイト

大学中退ニート 就職おすすめサイト

29歳 職歴なしニート就職するには

20代後半ニート就職

29歳 職歴なしニート就職できる方法!

投稿日:

29歳 職歴なしニート就職するには

29歳 職歴なし。ニートは就職できない?

「29歳でニートだと正社員就職はできない?」

「今まで働いた経験がなく、職歴なし・社会人未経験。29歳ニート、今からでも就職は間に合う?」

「急にニートの将来、末路が心配になってしまって・・・」

29歳、来年で30歳という年齢を区切りとして、就職について考える方はとても多いです。

世間的にもそうですけれど、30代になると就職についてまた違ったイメージを持つようになります。

20代ニートと30代ニートでは、全く心配のされ方も違ってきますし就職活動に関しても、難しさが段違いになってくるといって良いでしょう。

30代の職歴なし・社会人未経験者を採用する企業というのは非常に少なく、正社員就職を希望しても就職できない・・・そのため、フリーターや派遣など非正規雇用でなんとか生計を立て、40代でさらに厳しい生活に突入していく。

そうした方は思った以上に多くいます。

ニートの末路、といった将来を辿らないためにも、求人をまだ選ぶことが出来る20代の間に正社員就職をぜひ目指してみてはと思います。

そのために活用出来る、就職相談が可能な就職エージェントをご紹介しています。
29歳でニート、という方は実は就職エージェントの方からすると珍しくないと言います。

十分に、正社員就職できる年齢なので相談して欲しい、ということを皆さん言いますね。

20代後半、ニートから正社員就職を目指す場合の方法として、成功率が高い就活が出来ますので、ニート向け就職エージェントをぜひ活用してみてください。

大学中退後、ニートの方も利用可能です。

29歳 職歴なしニートが就職成功するためのポイント

ニート歴が長いと普通に就職活動をしても、書類選考に通過する事も難しいです。

とはいえ、ネガティブに考えて就活を諦めてしまっては一生、正社員になれません。

少しでも内定をもらえるように準備をすることが大切ですね。

そのため、以下のポイントを抑えて就活をすることが重要です。

  • 生活習慣を戻す
  • 自己分析をしっかり行う
  • 求人を限定せず、情報収集する
  • ニートになった理由、ニート期間が長い理由など、しっかり考えておく
  • 面接対策を徹底に行う
  • 選び過ぎず、多くの求人に応募する
  • 就職を諦めない

といったことが重要となります。

また就活の仕方についてですが、自力で就職活動を行っても正直難しいと思います。

そのため、ニート歴が長い人の就活はサポートを受けながらの就活がオススメです。

⇒ 大学中退ニート就職支援サイト

を利用した場合、就職活動のプロがサポートに付いてくれます。

実際に応募可能な企業からの正社員求人も紹介してくれますので、効率良く就職活動を進めることが出来ます。

正社員就職のメリットを就活のモチベーションにする

大学中退ニートの就活は、正直なところ不利になることが多いです。

特に29歳と30歳を目前としての年齢の場合、一般的な就活方法では書類選考で落ちることがとても多く、面接に辿り着くこともままならない状況が続くと考えられます。

大学中退・ニート向け就職支援サービスを利用したとしても、求人状況によっては内定獲得まで思うように進まないこともあるでしょう。

就活のモチベーションを維持することも、とても大切です。

正社員になったら得られるメリットを、モチベーションにする方法もオススメです。

ニートは収入0、正社員就職して年収300万円

ニートは働いていませんから、収入はゼロです。
もしかしたら両親からお小遣いをもらっていたりするかもしれませんが・・・。

正社員になることの最大のメリットは、やはり収入を得られるようになること。

未経験からの就職ということになりますので、就職先の企業によりますが、年収250万~300万円といったところではないでしょうか。

正社員として働く場合、昇給や賞与のチャンスもあるでしょうから、趣味に使えるお金も増えますね。

社会的信用が得られ、生活が安定する

ニート生活を送っていてさらに家に引きこもる理由が、世間の視線ではないでしょうか。

ニートとして暮らしていると、どうしても近隣の方にはバレる可能性が高いです。

そうした隣近所の視線が気になって、さらに引きこもる生活になる・・・といった方は多いのではないでしょうか。

社会的信用がありませんから、クレジットカードも作れませんし、何らかの審査が入るものは落ちると考えて良いでしょう。

正社員として就職した後は、そうした周囲の目を気にすることも無くなり、精神的にも安定する方が多いようです。

社会的信用もつくようになりますから、クレジットカードやローンの審査も通りやすくなります。
(勤務年数、年収などが今度は条件にはなってきますが)

正社員就職することで、安定した生活を送ることが出来るようになります。

厚生年金にも加入できますから、老後の生活に関してもニートを続けているよりも安心ではないでしょうか。

ニートを続けていると、将来は生活保護を受けてギリギリの生活を続ける可能性大です。

人間的に成長できる

仕事を通して人間的に成長できます。

大抵の仕事では他の人と関わることになります。

プロジェクトを進める上ではトラブルなども付きものですが、それを乗り越えることで自信も付き、対応力も磨かれます。

チームとして働く場合には、団結力なども磨かれていくのではないでしょうか。

全く一人で完結する仕事は少ないです。

仕事を通じて人間として成長できますし、出会いもあるでしょう。

29歳ニート・職歴なし、未経験から正社員就職できるラストチャンスとして就活に取り組む

29歳は職歴なし・社会人未経験者が就職できる年齢のラストチャンスと思って、就活に取り組むことが重要です。

30歳を越えてもまだ実際には正社員就職は可能ですが、そうした気持ちに甘えてしまうと、ダラダラと29歳をニートで終えてしまう可能性があります。

30歳を越えると、求人の選択肢が一気に減ります

やりたくない仕事でも、正社員就職するために選ぶ必要も多くなってきますので就職するのであれば29歳の間に決める!といった覚悟を持つことが大切です。

29歳の間に正社員就職を成功させるべき理由があります。

未経験の中途採用は、29歳までという企業が多い

求人を調べて見ると分かりますが、「未経験者OKの年齢が29歳以下」となっていることが非常に多いです。

30歳を超えてしまうと、見つかる求人が激減してしまいます。

選択肢が減ってしまうため、興味のある仕事に就けなくなる可能性が非常に高いです。

また、住んでいる地域によっては本当に就職できない状況になりかねません。

29歳はまだ若手、未経験者でも採用してくれる企業が見つかりやすいギリギリの年齢です。

そのため、ニートであっても就職できる可能性がある年齢のラストチャンスといえます。

ニート歴を重視せず、人物重視で採用してくれる企業の存在

未経験者の採用は29歳まで、という企業が多いのと同時に、ニート歴をあまり重視せず、あくまでこれからの仕事への熱意、人物重視で採用を考えてくれる企業の存在があります。

⇒ 大学中退ニート就職支援サイト

でご紹介していますが、こうした就職支援サイトには、そうした人物重視で採用を考えてくれる企業が多数登録してエージェントへ人材紹介を依頼しています。

多くの就職支援サイトの利用は29歳までです。

利用制限年齢が29歳という就職支援が多いという事は、30歳以上は就職が難しいのでサポート対象外としているということです。

29歳ならまだ正社員就職できる可能性が高い、ということを意味しています。

そうした理由などもあり、29歳の間に正社員就職を目指されることをオススメしています。

中にはDYM就職のように就職支援を35歳までとしている就職支援サービスもありますが、非常に希少です。

ニートからの就職実績も多い、こうしたニート向け就職支援サイトを活用して、就活に取り組まれることをオススメしたいと思います。

-20代後半ニート就職
-,

Copyright© 大学中退ニート 就職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.