大学中退ニートから正社員へ、おすすめ就職サイト

大学中退ニート 就職おすすめサイト

大学中退ニート 社会復帰する方法

大学中退ニートから就職

大学中退ニート 社会復帰する方法

更新日:

大学中退ニート 社会復帰

ニートから正社員就職することが社会復帰、ということで就職を目指している方向けの就職サイトについて情報を掲載しています。
ニートから社会復帰するには、やはり仕事に就くことが一番といえるでしょう。
フリーターになるよりも、正社員として就職を目指された方が良いと言えます。
もしニートからフリーターになったとしても、ブランク期間ということでは変わりはなくフリーター期間が長くなるにつれて就職が難しくなってしまいます。

ニートから社会復帰を目指す場合、正社員就職を目指されることをオススメします。
正社員になるために活用できるニート向け就職支援サイトもあります。

大学中退後ニートからの社会復帰、就職することがポイント

大学中退後、ニート生活をしていた方が社会復帰するために、正社員就職するために活用出来る就職支援サイトについて、ご紹介しています。

ニートから脱出して社会復帰するには、何らかの形で仕事に就くことが大切ですが今から仕事に就くことを目指す場合、アルバイトや派遣、正社員就職とどれを目指すと良いでしょうか。

大学中退ニートの社会復帰、アルバイトや派遣、正社員、どれが良い?

大学中退後、ニート生活から社会復帰し働くことを目指す場合、

「アルバイトや派遣、正社員就職」

とどれを目指すと良いでしょうか。

あなたの今の年齢にもよりますし、どのくらい働くことに不安を持っているか、他者とのコミュニケーションに不安があるかにもよります。

少しずつ外に出て働くこと、他人と関わることに慣れてきたい、といった場合には責任の軽い働き方が出来るアルバイトから慣れるのが良いと思います。

週2,3回、短時間でも働きやすいメリットはあります。

それほど人と話さずに黙々と作業をこなすアルバイトもありますし、短期バイト・単発バイトで働き始めることも出来ます。

派遣社員として働く場合も、年齢が若いほど比較的、簡単に仕事に就くことが出来ると思います。

しかしどちらも非正規雇用ですから生活は安定しません

将来的に、30代をアルバイトや派遣として迎えてしまうと人生詰んだ状態になる可能性もあります。

出来るだけ早い時期に、正社員就職を目指す必要があります。

正社員を目指す場合、29歳までは求人が見つかりやすい状況になっていますので大丈夫と言えます。

もし今、28歳、29歳と30歳が近いのでしたら出来るだけ早く正社員就職を目指すべきといえます。

大学中退、ニート歴がある場合、正社員就職を目指すにしても不安がある方も多いと思います。

しかし、今はそうした大学中退やニートの方の就職をサポートする就職支援サイトも多数あります。

20代であれば利用可能な就職支援サイトが多いので、29歳までの方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ニートから社会復帰する際の壁

ニート脱出、正社員職を目指すには

ニートを脱出して社会復帰したいと思っても、なかなかすぐに就職に成功出来る方は少ないようです。

就職活動では書類選考、面接とありますが最初の書類選考で落ちてしまうことも多いのが実際です。

ニートが不採用になることが多いのは、次のような壁があるためと考えられます。

空白期間

ニートになったきっかけは人それぞれと思いますが、ニート期間、つまり「空白期間」が重視されることが多いです。

企業が求人を掲載した場合には、一般的にはフリーターや第二新卒、既卒といった人達も応募をしていることが多いです。

そうした他の求職者と比較をされると、どうしても空白期間のあるニートは履歴書や職務経歴書など書類選考の段階で不利になり、不採用になることが多くなってしまうのです。

そのため、出来ればニート期間中に就職のために準備をしていたことなどをアピールできるようにされると良いです。

就職のために資格取得の勉強、準備を始めた。
社会復帰のためにアルバイトを少しずつ始めた、など就職に向けてポジティブなアピールができるようされることも重要といえます。

年齢

ニートから社会復帰を目指す年齢も重要なポイントです。

未経験から正社員就職を目指すには、年齢がとても重要ですが20代であればまだ就職のチャンスを得やすい年齢です。

20代前半なら多くの企業が将来性を買って正社員募集を行っています。
応募出来る企業が多いことも、20代前半での就活の特徴です。

20代後半のニートの方も、まだ求人を見つけることは十分に可能です。

20代ニート・フリーター向けに就職支援を行っている就職サイトがありますから、そうした就職支援を利用されることをオススメします。

お住まいの地域によっては、自治体などでもニートから就職を目指す方向けの就職支援がありますから、相談されてみても良いでしょう。

ニート期間が長くなっている場合には、先ほどもありましたが「空白期間の説明」が重要な対策となります。

もしアピールできることが無くても、就職支援を利用している場合には対策の相談が可能ですし、就職支援サービスによっては書類選考なしで面接を受けられますから、就職への熱意をアピールすることでカバーできる場合もあります。

もし30代にニートとして突入していた場合には、就職先は非常に限られてきます。
基本的には未経験可の求人は20代までだからです。

もし今20代というニートの方は、出来る限り早くニート脱出、正社員職できるように行動をスタートされることをオススメしたいと思います。

大学中退後、ニート期間は短い方が就職しやすいです

大学中退後、ニート生活を送っていると、その生活の楽さからついダラダラとニート生活が長引いて・・・という方もいます。

親からは何か言われるかもしれませんが、正直な所、年齢もまだ若いですし特に気にならないで好きな時間に起きて、好きな事をして・・・といった生活をしていると、気がつけば1年、2年と過ぎている可能性があります。

ニートから正社員就職する、社会復帰することを考えた場合に、ニート期間は短いに越した事はありません
空白期間は短い方が就活には有利です。

ニートから正社員を目指して就活をする際、面接は避けては通れないものですが、空白期間の長さによって面接での質問が変わってきます

ニート期間が半年以内であれば、特に質問されないことも多いと言えます。

またもし履歴書を見て大学中退後の空白期間について質問をされても、就職活動をしていました、などの回答で納得してもらえる可能性は高いです。

ニート期間が1年以上にもなってくると、空白期間に何をしていたかをしっかりと答える必要が出てきます。

採用担当者は共通して、ニート期間が長い人は積極的に採用しようとは思わないものです。

仕事への意欲、積極性に疑問を持ちやすいですし、苦手なこと、面倒なことを避ける傾向がある人では、といった印象を持ちやすいこともあります。

大学中退後、いずれは正社員就職をすることを考えた場合、出来るだけニート期間は短い方が良いといえます。

大学中退、ニート。就活は不利・・・

確かに大学を中退し、ニート歴も長くなってしまうと就職活動が不利になります。

なぜ大学中退ニートの就活が不利になってしまうかというと、

大学中退ニートが不利になる理由

・大学中退に対してのネガティブなイメージ
・最終学歴が「高卒」になる
・ニート歴の長さへの不安
・中途採用枠への応募、他の求職者との比較

といったことがあるため、大学中退ニートは就活が不利になることが多くなってしまいます。

通常、リクナビなどの求人サイトを利用して採用を行っている企業へ応募をすると、他にも求職者がいて履歴書や職務経歴書でまず比較されます。

その時、

  • 大学中退
  • ニート歴

が履歴書の経歴から分かる求職者を優先して面接に呼ぼう、という人事担当者は稀です。

就活に不利、とはいえ正社員就職を目指さなくてはなりませんよね。

そこで狙うのは、ニート向け求人となるのですが、このニート向け求人を見つけやすくするための求人サイト・就職支援サイトがあります。

ニートからの社会復帰、成功のためのポイント

ニートが社会復帰して正社員として働くためには、ニート向け求人を見つけて応募をしていくことが社会復帰に成功するためのポイントといって良いでしょう。

ニート向け求人が多く見つかる就職支援サイト

大学中退、ニート歴があっても応募しやすいニート向け求人が多く見つかる就職支援サイトのオススメをご紹介します。

多くの就職支援サイトがありますが、特にオススメしているのは書類選考なしで面接が受けられる以下の就職支援サイトです。

ニート就職支援サイト

⇒ ジェイック

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

こうしたニート向け就職支援サイトを利用することで、20代であれば、大学中退ニートの方も正社員就職できる可能性が広がります。

人手不足の業界・業種の会社が今、若手人材を確保するためにフリーター・ニートといった方を人物重視で採用をすることが増えています。

中には大学中退や既卒、フリーター・ニートといった経験があるからこそ、これから頑張ってくれる、と期待している社長などがいる企業も少なくありません。

ニートから社会復帰、正社員就職するにはこうした企業を狙って求人へ応募をすると内定率が高くなります。

リクナビやハローワークなどを利用して求人へ応募をしても、ニート歴があるとなかなか面接に辿り着くことも難しいです。

こうした大学中退者・ニートを専門的にサポート、就職支援を行っているサービスを活用して、正社員就職を目指す方法をオススメします。

ニートの就職先

大学中退ニート、就職先はホワイト企業が良いという場合

ニート生活を脱出、正社員として就職を目指したいけれど・・・ブラック企業へ就職するのだけは絶対に避けたい!

ホワイト企業へ就職したい!

という気持ちを持っている方も多いと思います。

ブラック企業へ就職してしまっては、かなりの確率で早期退職の恐れがありますし、退職せずに仕事を頑張ってしまっては精神的にも追い詰められる可能性もあります。

いずれにしても将来にリスクが多いですよね。

しかし、就職活動でしっかりと情報収集を行い、就職先を選ぶことでブラック企業を避けてホワイト企業へ就職することも可能です。

大学中退ニートがホワイト企業へ就職を目指す方法として、オススメするのは先ほどご紹介したような就職支援サイトの活用です。

ブラック企業を除外して求人を紹介してくれていますし、求人を紹介する企業へはスタッフが実際に足を運び、取材を行っています。

そのため、求人票に書かれている以上に詳しい企業の情報を教えてもらうことが出来ます。

その情報こそが、働きやすいホワイト企業への就職に重要となります。

実際に今働いている社員がどういった働き方、残業も含めての働き方になっているか、年間休日数はどれくらいか、上司になる人はどういった人柄か。

社長はどういった方針で会社を経営しているのか、といったようなことも、情報収集しているケースもあります。

過去に人材紹介している会社であれば、かなり詳しい情報が得られることもあります。

こうしたサポートの得られる就職支援サイトを活用して、企業の情報収集をすることがホワイト企業へ就職するポイントとなります。

ブラック企業を避けて就職をする方法としても、オススメです。

大学中退ニートが社会復帰、正社員就職するオススメの方法

大学中退ニートの方がホワイト企業を始め、優良企業、採用してくれる中小企業への就職を目指す方法としてオススメするのは就職支援サイトの活用です。

やはりハローワークやリクナビ、マイナビ、他にもある求人サイトを利用して自力で就活をするのは難しいです。

ニート歴があるとどうしても書類落ちが多くなってしまいます・・・。

大学中退ニートの方にオススメを特にしているのは、次のような書類選考なしで面接が受けられる就職支援サイトとなります。

ニート就職支援サイト

⇒ ジェイック

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

大学中退者、ニート・フリーターの方の就職にも多くの実績がある就職支援サイトです。

まずは相談から始めることが出来ますので、情報収集から利用するのもおすすめです。

大学中退ニートからどういった就職先を目指せるのか、実際にどういった職種で就職した人が多いのか、など情報をもらい、実際にある求人を見ながら今後を考えることも出来ます。

提案された求人も持ち帰って考えてみることも出来ますから、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

まずは一歩、正社員就職を目指して踏み出されることをオススメしたいと思います。

-大学中退ニートから就職
-, ,

Copyright© 大学中退ニート 就職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.