大学中退ニート 正社員の就職

大学中退ニートから就職

大学中退ニート 正社員の就職は無理?

投稿日:

大学中退ニート 就職は無理?

大学中退した後、早く就職しないと・・・と思いつつも、気付けばニート生活を送っていた、という方もいらっしゃると思います。
ニートを脱出するのは、特にニート歴が長くなればなるほど大変です。

親を泣かせてしまって、本気で変わろうと思って就活を始めてみても、自力での就職活動は書類選考も全然通らずに挫折・・・といった可能性があります。

ニート脱出、正社員就職は無理ではありません。就職支援を上手く活用することで、確実に面接を受けて内定率の高い就活をすることが出来ます。

大学中退ニート 就職について

ニート女性の就職活動の難しさ
大学中退後、アルバイトを短期で時々していたけれど、ニート生活。
特にやりたいことも見つからなくて・・・

大学を中退して自宅に戻り、就職活動をしてみたものの内定をもらえなかった。
なんだか就職する意味を感じられず、ニート生活が1年、2年と継続中・・・

ニート歴が長くなればなるほど、就職は難しくなっていきます

大体、ニート生活が半年を過ぎると書類選考も通りにくくなる時期と考えて良いでしょう。

ニート期間が短いと、色々な言い訳が可能

大学中退後、ニート期間が半年ほどであれば、

  • 就活をしていた
  • 資格取得の勉強をしながら就職の準備をしていた
  • 公務員試験を受けるか就活をするか悩み、経済的に就職することに決めた
  • 家事手伝いをしながら今後の進路を考えていた

など、色々なニート期間の説明がまだ可能です。

ニート生活が1年を超えて2年、3年といった長い期間になってくると、さすがに就活をずっとしているのも逆に「どこからも内定がもらえない、何か問題がある人材」といった印象を持たれてしまいます。

女性ニートの方であれば、家事手伝いという話をされる方もいますがいずれにしても、ニート歴、家事手伝い歴は短いに越したことはありません。

大学中退後、正社員就職するのは無理ではありません。

しかし、やはりなんといっても本人の気持ちが就職する方向に固まって、行動することが必要になります。

それも出来るだけニート期間が短い間に就活に動き出すことが大切です。

大学中退という経歴、そこにニートという経歴が加わると、思った以上に就活は苦戦してしまいます。

ずっとニートで気楽に生活するから良いかな・・・とふと思うこともあるかもしれません。

しかし、親も年をとります。
いずれは介護が必要になるかもしれません。

その時、もし自分がニートだったら生活は成り立ちません。詰む可能性が非常に高いと言えます。

高齢ニートになるとアルバイトも見つかりません。

ニート脱出、正社員就職を目指すのであれば少しでも就活がしやすい、年齢が若い間に正社員就職を目指されることをオススメします。

大学中退ニート 就職成功のポイントは、どんな求人を狙うか

大学中退ニートから正社員就職を目指す場合、就職生活のポイントはどういった求人を狙うか、です。

新卒採用で人が集まりやすい人気の職種、などはやはり難しいですよね。

職歴なし、未経験。
大学中退ニートといったことを受け止めて、就職活動が進めやすい業界・職種を狙うことも大切なポイントです。

ニートから仕事を探す際には、人材不足で若手の需要が高い業界・職種を考えることが重要です。

ニートからの就職、有効求人倍率の高い職業を狙う

ニュースなどでよく聞く「有効求人倍率」という言葉があります。

有効求職者数に対する有効求人数の比率のこと、というと少々難しく感じられるかもしれません。

人手不足な職業は高い数字になっている、といった捉え方でご覧になると良いでしょう。

関連リンク:厚生労働省 一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

に集計結果が掲載されますので、最新情報を見ることが出来ます。

  • 建設躯体工事の職業
  • 保安の職業
  • 建築・土木・測量技術者
  • 土木の職業

といったところは常に有効求人倍率は高いと言えます。

また、より具体的にニートから就職しやすい職種については、次の記事中でまとめています。

ニート就職 関連記事

大学中退ニートの就職先
営業職、プログラマーなどニートから就職しやすい仕事、就職先について掲載しています。

大学中退ニート 正社員に就職するための方法

大学中退ニートから正社員就職するための方法ですが、求人紹介、というとハローワークが思い浮かぶ方も多いと思います。

ハローワークでの就活

しかし、ハローワークでは就職支援には限界がありますから、ニート向けの就活では無いと言えます。

求人紹介をしてもらっても、その企業の詳しい情報が分からないのもデメリットに感じます。

職業訓練を受けてから就職を目指すのはオススメです。

職業訓練の受講内容により通わなければならない期間、取得出来る資格などが異なりますから、就職を希望する職種に関連した内容があれば有効な方法となりますのでニートからの就職にもオススメです。

直接応募タイプの求人サイトで就活

自宅にいても手軽に未経験OKの正社員求人を調べることができる、求人サイトを利用して就活する方も多いと思います。

⇒ リクナビNEXT

が代表的ですね。

全国で多数の未経験歓迎の正社員求人が見つかります。

他にもバイト求人サイトでも正社員登用あり求人なども探せます。
こちらも直接応募タイプの求人サイトといえます。

スマホがあれば求人を調べて、良いと思える会社があれば応募も出来ます。

しかし、実際にこうした直接応募タイプの求人サイトを利用して応募をしてみても、ニート歴があると選考がなかなか通らないのです・・・。

基本的には、未経験歓迎の求人はフリーターや正社員経験がある方向けと考えて良いでしょう。

職歴なしニートといった方の場合、書類選考の段階で落とされることが多いのが現実です。

就職支援サービスを利用して就活

ニート向け就職活動の方法といえるのが、就職支援サービスを利用しての就活です。

企業数が多い都市部に限られますが、様々な就職支援サービスが20代向けに求人紹介を行っています。

  • ハタラクティブ
  • DYM就職
  • ジェイック
  • いい就職ドットコム
  • ウズキャリ
  • 就職shop
  • 第二新卒AGENTneo

など様々な就職支援サービスがあります。

注意点としては、20代限定が多いことです。

エージェントの方に多く話を聞いてきましたが、30代になるとフリーター・ニートの方に紹介できる求人が激減するためだそうです。

そういった意味でも、ニート脱出、正社員就職を目指すのは1歳でも若い時期が良いと言えます。

大学中退後、出来るだけ早く正社員就職を目指されることをオススメします。

その中でもジェイックは、他の就職支援サービスがいかないような地方都市でも積極的にサービスを実施しています。

地方はどうしても営業の求人が多めにはなりますが、ニートの方もあくまで人物重視で面接して採用を積極的に考えてくれる企業が参加しています。

ニートから就職を目指す場合、こうした企業と出会えるのはメリットといえるでしょう。

⇒ 大学中退ニート就職支援サイト

で詳しくご紹介していますので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

大学中退ニートOKの未経験者向け正社員求人はあります

ニートが仕事を探すとき、人手不足の企業、求人倍率の高い職種を意識して探すことも重要なポイントです。

介護業界も慢性的な人手不足ですし、飲食業界も深刻な人手不足に陥っている企業が増えつつあります。

人手不足により、新規店舗が出せないんですよ。
それどころか閉店といったケースもあります。

販売、サービス職も人手不足のため一年を通して求人は見つけやすくなっています。

IT業界、プログラマーも人手不足ですから未経験者を採用して育てようという企業も多いです。

20代なら十分に就職できる可能性があります。

手に職をつけることが出来る職種として、プログラマーやエンジニアは女性からの人気が高い就職先だそうですよ。

こうした職種は高卒以上の求人が多いですから、大学中退の方も応募可能な求人が多いことも特徴と言えます。

ご紹介してきたような就職支援サービスを利用して、求人の紹介を受けられます。

求人状況は随時変わりますから、最新の求人情報をまずは得てみてはいかがでしょうか。

⇒ 大学中退ニート就職支援サイト

で詳しく、ニートの方向け就職支援サービスについてご紹介しています。

-大学中退ニートから就職
-,

Copyright© 大学中退ニート 就職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.