大学中退ニート 就職して社会復帰を目指す

大学中退ニートから就職

大学中退ニート 就職して社会復帰したい場合

更新日:

大学中退ニート 社会復帰

大学中退ニート 就職して社会復帰するには

大学中退後、ニート生活。

一時期、アルバイトをした経験はあるけれど、職歴なし・社会人未経験。

就職しないと、と思いつつ葛藤があり結局のところ就活をせずにニート歴が長くなりつつある・・・という方も多いかもしれません。

大学中退した後、ニート生活が長くなるほど、外に出るのが難しく感じられる人も多いと思います。

大学中退ニートから就職して社会復帰するには、サポートを利用しながらの就職活動が成功率も高くなりますのでオススメです。

大学中退してからですから、20代ニートの方が多いと思います。

20代ニートの仕事探しはまだまだ就職できる可能性が高いです。

一部、30代でも利用可能なニート向け就活支援サイトもありますので、就職相談をしてみてはと思います。

⇒ 大学中退ニート就職支援サイト

大学中退ニート 仕事の探し方

大学中退後、ニートから社会復帰するために就職活動に動ける方は、ぜひ就活支援サイトを利用してニートOK、未経験者向けの正社員求人を紹介をしてもらってみてください。

一般的な求人サイトで求人応募しても落ちる可能性大

求人情報を調べるために便利なのがリクナビNEXTやマイナビ、enなどの求人サイト。

地元密着の求人サイトもたくさんあります。
そうした求人サイトを利用しても、今だと人手不足の企業が多いので未経験者歓迎の求人ってたくさん見つかります。

スカウト機能に登録をしてみると、意外とメールが来ます

でもあれって、条件に該当した求職者への一斉メールのことがあって、スカウトが来た!と思って応募しても、落ちることが多く凹みます
(少なくとも私は全滅でした)

ニート歴があると、やはり通常の就活方法では書類選考の段階で不採用になることが多くて、面接に進めることも稀です。

面接に運良く辿り着けたとしても、やはり不採用になることが多く、次第に「ニートは就職できない・・・」といったネガティブな気持ちになってしまう可能性大です。

なかなか上手くいかない就職活動にこだわっていると、就職できない間にまた1歳年を取ってしまうかもしれません。

30代ニートの就職は難しい

今もし29歳のニートだったら、30歳になってしまいます。

30代ニートになるとさらに就職が厳しくなってしまいます。

未経験から就職・転職を目指しやすいのは20代まで、なんですよね・・・。

30代ニートからの正社員就職が無理、というわけでは無いのですが、職種はかなり選べなくなります。

やりたくない仕事でも応募しないと、正社員として社会復帰するのは厳しいと言わざるを得ません。

大学中退後、ニート生活になっていたとしてもまだ20代の方が多いと思います。

少しでも就職しやすい、20代の間に社会復帰を目指すことをオススメします。

大学中退ニート、就職活動に利用で来る就職支援

ニート脱出のための就活では、サポートを活用したほうが良いです。

自分一人で就職活動をしても前出したように、不採用が続いて就活に挫折する可能性が高いです。

半年とか1年とか、ずっと就職活動を頑張れる自信がある方は少ないのではないでしょうか・・・。

それよりも、就職支援を利用して正社員就職を目指した方が良いです。

就職成功率も自力での就活よりも高いですよ。

ニート脱出、正社員就職を目指す時、例えば次のような就職支援サービスを利用して就活することができます。

わかものハローワーク

「わかものハローワーク」は、正社員での就職を目指す若年者(おおむね45歳未満)の支援を専門に行う、公共職業安定所です。

ハローワークと違うのは、担当の就職支援ナビゲーターが付いてサポートしてくれること。

履歴書・職務経歴書の作成相談、面接対策なども受けることが出来ます。

就職支援セミナーも頻繁に開催されており、就活の仲間作りにも役立てることができると思います。

関連サイト:厚生労働省 わかものハローワーク

ハローワーク トライアル雇用制度を利用して就職を目指す

ニートの方の多くは正社員経験が無いと思います。

正社員として働くことに不安があって・・・という場合には、お試しで働くことが出来ると良いかもしれません。

そうした場合トライアル雇用で働いてみるという選択肢もあります。

「トライアル雇用」とは、 働いた経験が少ないことから、期間の定めのない雇用(常用雇用)での就職に不安のある方などが、常用雇用への移行を前提として、原則3カ月間その企業で試行雇用として働いてみる制度です。

トライアル雇用が終わったあとは、約8割の人が常用雇用に移行しているということです。

トライアル雇用は特定の方を対象としており、利用するにはいくつか条件があります。

下記のいずれかの条件に自分が当てはまっている場合、利用することが出来ます。

① 紹介日時点で、就労経験のない職業に就くことを希望する
② 紹介日時点で学校卒業後3年以内、卒業後安定した職業に就いていない
③ 紹介日の前日から過去2年以内に、2回以上離職や転職を繰り返している
④ 紹介日の前日時点で、離職している期間が1年を超えている
⑤ 妊娠、出産・育児を理由に離職し、紹介日の前日時点で、安定した職業に就いていない期間が1年を超えている
⑥ 就職の援助を行うに当たって、特別な配慮を要する

関連サイト:厚生労働省 トライアル雇用リーフレット(求職者用)

ニート向け就職支援サービス

民間の人材紹介会社の中には、20代向け正社員就職支援サービスを行っているところも増えてきていて、ニート向け求人を多く扱っている就職支援サービスもあります。

公的就職支援サービスと比較して、手厚いサポートが特徴です。

就職エージェントの場合には、求職者が就職して定着して働いてもらうことで売上げになりますから、ミスマッチの無い就職先を紹介することにとても力を入れています。

就職しても早期退職してしまっては意味がありません。

そのため、初回面談で1時間などしっかり時間を取って、あなたの適性や強み、興味のある仕事、将来どうなりたいか、どんな生活をしたいか、などを引き出し、それに合った仕事を紹介する事に力を入れています。

当サイトで特にオススメしているのは、書類選考なしで面接が受けられる就職支援サービスです。

ニート歴があると書類選考を通るのが難しくなります。

最初から書類選考をショートカットして面接が受けられる、こうした就職支援サービスを利用することで面接対策に時間をしっかり使えますし、内定率が高い就活をすることができるようになります。

就職成功率80%以上の就職支援サービスばかりですので、就職に関する相談から始めてみてはいかがですか?

ニートから正社員就職を目指すには、27歳くらいまでは就職しやすいとい言います。

28歳、29歳でもまだまだ就職は可能ということではありますが、応募先は少しずつ減ってくるようです。

大学中退後、ニートから正社員就職して社会復帰を目指す場合には、こうした就職成功率の高い就職支援サービスの活用がオススメです。

大学中退後、ニート生活を長引かせないために

ニート生活が長くなるほど、就職できなくなります。

大学中退後、正社員として就職しやすいのは半年以内です。
次に1年以内。

3年以上になると就職成功率は急激に落ちていきます。

大学中退後、ニートから脱出、正社員就職を目指すためには就職活動の期間を区切って、集中して就活に取り組むこともオススメです。

就職先を、未経験からでも就職しやすい職種に絞るのもオススメの方法です。

  • IT系(エンジニア)
  • 営業系

この2つが採用ニーズが高く、未経験者歓迎の求人が多い代表的な職種となります。

ニート向け就職支援サービスでも求人数が多いのは、この2つの仕事ですね。

もし興味が全く無い場合には、他の職種をメインでお探しになってみて欲しいですが、上記の仕事に興味がある場合には就職できる可能性がかなり高くなります。

女性フリーターやニートの方から人気がとても高い事務職は、求人が少なく倍率も高いので難しいのが実際のところです。

ただ、未経験者向けの正社員求人として事務職もありますから、並行して探して求人があれば応募、といった就活の進め方はオススメです。

大学中退後、ニート生活を長引かせないために早期の就職活動をオススメします。

⇒ 大学中退ニート就職支援サイト

-大学中退ニートから就職
-, ,

Copyright© 大学中退ニート 就職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.