ニート就職支援について

ニート就職

ニート就職支援

投稿日:

ニート就職支援

ニートから自立し、正社員としての就職を目指す場合の就職活動の方法として、

  • 求人サイトで探す
  • 民間の就職支援サービスを使う
  • 公共の就職支援サービスを使う

といった就活方法が主にあります。

結論として、ニート男性、ニート女性の就職活動の方法としておすすめなのは、民間の就職支援サービスを利用する方法です。

民間の就職支援サービスは本当に多くの未経験者歓迎の正社員求人を扱っていますし、

  • ニート向け求人の紹介をしてもらえる
  • アドバイザーに就職についての悩みを相談出来る
  • 内定獲得のためのアドバイスをもらえる

といったことの他、ニート就職に関して多くのメリットがあります。

この記事では、ニート就職支援サービスのおすすめをご紹介しています。

これからニートから正社員就職を目指す方は、ぜひ活用して就活を少しでも有利に進めてみてはと思います。

20代ニート、34歳までのニート就職支援

求人情報誌

ニートから正社員になる、就職することを目指す場合。

就活の仕方としておすすめなのはニート就職支援サービスを利用する方法です。

人手不足で売り手市場、ということが言われてますが、それはあくまで新卒の就職に関しての話です。

そういえば、高卒も今は採用の需要が高いですね。
高卒の正社員就職は100%近い就職率だったように思います。

それと比べて大学中退ニート、高卒ニート・フリーターから正社員就職を目指すのは大変です。

大学中退後の空白期間が長くなればなるほど、就職率は下がっていきます

自力での就活を目指す場合、かなりの覚悟(落ちても落ちても諦めない気持ち)が必要になるのではないでしょうか。

もしあなたが20代ニート、30代でも34歳までのニートであれば、以下にご紹介するニート就職サービスを利用されることで、短期間で内定獲得が出来る可能性があります。

ニート脱出、正社員就職して社会復帰するには「年齢」がまず重要なポイントとなります。

民間の就職支援サービスでは現状、34歳までのニートの方が利用出来る就職支援サービスがあります。

30代後半ニートになると、就職成功率が高い就職支援サービスも利用出来なくなります。

40代以降のニートの厳しさは多くの方が理解されていると思います。

社会復帰して働くなら、少しでも若い年齢の間が正社員就職のチャンスがあります。

ニート就職支援(成功率が高いニート就職支援のおすすめ)

ニート就職支援サービスの中でも、これまでの利用者が多く就職実績が豊富な、ニート就職支援のおすすめをご紹介しています。

対応エリアもありますので、就職を希望されるエリアに拠点があることも就職支援サービス選びのポイントにしてみてください。

ハタラクティブ

20代のニート・フリーター、既卒、大学中退といった人の就職支援に特化しているのがハタラクティブです。

正社員就職成功率は80.4%
書類選考通過率は91.4%

これまでの就職支援実績は15万人以上となります。
(2019年3月時点での実績です)

学歴・経歴を問わない企業からの未経験者歓迎の正社員求人を多く取り扱っていることが特徴です。

ハタラクティブの公式サイトには体験談がたくさん掲載されています。
その中には、「大学中退から正社員へ就職した人」のハタラクティブ体験談も多くあります。

20代後半の就職成功も多数あります。

上京支援も対応しています。

【対応エリア】東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡
(2020年2月時点)

⇒ ハタラクティブの就職支援サービス 詳細はこちら

ジェイック

ジェイック

ジェイックはニートなど職歴なし社会人未経験の人が正社員就職することを支援している就職支援サービスです。

就職成功率81.1%
入社後定着率91.3%

これまでに約2万人以上の就職支援実績があります。

10年以上、ニート就職支援サービスを提供していますので、既に正社員として活躍し、今度は企業の採用担当者としてジェイック経由でフリーター・ニートの採用にあたる人もいるそうです。

ジェイック経由で毎年採用する企業もあり、その場合、先輩社員もジェイック経由ということで入社してから馴染みやすいというメリットがあります。

他社には無い特徴が研修制度(就活支援講座)です。

内容の充実した研修があるため、ニート期間が長い方、就活がはじめてで何から準備して良いか分からない人でも安心して内定獲得に向けて就職活動を進めることが出来ます。

上京支援も対応しています。

⇒ ジェイックの就職支援サービス 詳細はこちら

DYM就職

DYM就職

DYM就職は就職成功率96%と非常に高く、就職まで短期間で決まる求職者の方が多い就職エージェントです。

平均して1週間~2週間で内定獲得する利用者が多いという話をDYM就職のエージェントはされていました。

早いと3,4日程で内定までいく方もいるそうです。
就職活動を長引かせたくない場合にも、合っているのではないでしょうか。

ITエンジニア、営業職、販売・サービス、といった職種への就職決定を中心に、優良企業からの求人も多数ある就職エージェントとなります。

書類選考は免除、面接をすぐに受けることが出来ることもDYM就職の特徴です。

⇒ DYM就職 詳細はこちら

ウズキャリ

ウズキャリ

ウズキャリは大学中退、既卒ニート・フリーターの就職支援に特化した就職支援サービスです。

手厚いサポートが最大の特徴です。

ウズキャリのアドバイザーも元ニート、大学中退、既卒フリーター、といった人が多く話しに共感して貰いやすいです。

また他社の10倍時間をかける、というサポートの手厚さも大きな特徴です。

就職することに不安がある、仕事探しするにしても時間をかけて対策を立てたい方に向いている就職支援サービスといえます。

そこまでアドバイザーと一緒に過ごしたくない、もっと早く就活を進めたい人には向かないといえます。

他社の10倍時間をかけてサポート、内定獲得まで手厚くサポートを行う就活支援サイトです。

内定率86%以上、定着率93%以上

実際に稼働している求人は、営業職とIT系求人(プログラマー、インフラエンジニア)領域が多いようです。

そうした職種に興味のあるニートの方におすすめの就職支援サービスです。

⇒ ウズキャリ 詳細はこちら

ニートから正社員になるポイントは、就職支援を上手く利用すること

ニート期間があると就職活動が厳しくなることがとても多いため、こうしたニート向け多い就職支援サービスを利用することが内定獲得のポイントとなる方は多いでしょう。

ハタラクティブやジェイック、DYM就職などニート就職支援サービスが就職成功率が高い理由としては、

  • ニートなど職歴なし社会人未経験が採用されやすい業界・職種の求人が多い
  • 本当に未経験者歓迎の正社員求人が揃っている
  • エージェントが企業ごとに面接対策などサポートしてくれる

といったことなどがあります。

また民間の就職支援サービスの場合には、就職決定までの期間が短いことも特徴といえますね。

各エージェントに話を聞いてみたところ、平均すると2週間~1ヶ月以内には就職が決定するフリーターやニートの方が大半といえます。

このあと、公共の就職支援についてもご紹介しますが早く正社員就職を決めたい場合には、民間の就職支援サービスを利用した方が良いでしょう。

ニートが利用出来る就職支援の種類

ニートが利用出来る就職支援には、公共の就職支援サービスもあります。

民間の就職支援サービスとは違う役割がある、といって良いですから状況によって使い分けをしたり,併用しての就職活動がおすすめです。

ニート就職支援、就労支援に適した就職支援サービスもあります。

公共の就職支援サービス

公共の就職支援サービスは利用者の対象年齢が広いことが特徴とも言えます。

近年は就職氷河期世代(ロスジェネ世代)の正社員就職をサポートする役割もあるため、利用対象年齢が引き上げられる施設も増えています。

「就労・自立支援、50歳まで拡大」ということで、氷河期世代に対応するために地域若者サポートステーション(サポステ)の対象年齢が40歳~50歳に拡大もされています。
(サポステ・プラス)

ハローワーク

求人数だけでいえば、国内最大の求人数があるのがハローワークです。

企業は無料で求人掲載できるため、とても多くの企業が求人依頼をしています。
地方の中小企業、零細企業の多くがハローワークに求人依頼しているといって良いでしょう。

求人サイト、転職サイトの利用は掲載費用などが必要なためです。

無料な分、質の悪い求人が多くハローワークにも企業の情報がほとんど無いため情報収集には苦労します。

ハローワークでは就職相談も可能ですが、その度に担当者が変わると思った方gあ良く、毎回同じ説明をするのが大変です。

あまりニート向けの就職支援サービスとはいえないでしょう。

⇒ ハローワーク インターネットサービス

ジョブカフェ

ジョブカフェは都道府県が主体的に設置している施設です。
若者の就職支援をワンストップで行っています。

対象年齢は地域のジョブカフェによって異なるため、確認が必要です。
概ね35歳くらいまでが多いでしょうか。
もっと上の年齢、40代の方も利用可能なジョブカフェもあります。

ハローワークに併設されているジョブカフェもあり、求人紹介も利用が可能です。

各種セミナー、職場体験、就労支援、キャリアカウンセリング、職業紹介など。
ニート期間が長い方も相談が可能です。

⇒ 厚生労働省 ジョブカフェにおける支援

地域若者サポートステーション(サポステ)

概ね15歳~39歳までの若者の就職支援、就労支援を行っている施設です。

他の就職支援と違うサポステの特徴は、キャリアコンサルタント、臨床心理士などが在籍し、相談に乗ってくれることです。

就職までに何らか乗り越えなくてはならない壁がある場合には、相談することが出来ます。

正社員になるのが怖い。
人と接するのが怖い、コミュニケーションが不安。

といった方は少しずつ相談しながら社会復帰を目指して行くために、サポステの利用が適しているかも知れません。

⇒ 地域若者サポートステーション(サポステ)

職業訓練校

職業訓練校も実は就職成功率が高く、ニート歴があり年齢が高い方にもおすすめです。

30代後半、40代になると民間の就職支援サービスを利用して就職を目指すことが現状では出来ません。

職業訓練を利用して就職に必要なスキルを身に付けることが出来ます。

地域にある職業訓練校によって、受講可能な講座が異なりますから資料請求などをしてみてください。

講座修了後、身に付けたスキルや知識を活かして働くことができる就職先を紹介してもらうことが出来ます。

講座によりますが、40代、50代の受講者も多いです。

就職したいニートの人は、就職支援を利用することが正社員への近道

ニートの人が就職を目指す場合、空白期間が短く、年齢が若い人ほど就職成功率が高くなります。

同じ未経験者を採用するのであれば若い求職者を採用したい、というのは当たり前のことといえます。

それを考えると、ニート期間を短くするためにも早い時期に就活を始めることがおすすめです。

30代、40代ニートとなると人生詰む可能性が少しずつ高くなってくるといって良いかもしれません。

ニート就職支援に強い就職エージェント

【ニート就職支援に強い就職エージェント】

⇒ ハタラクティブ

学歴、経歴を問わない企業からの未経験者歓迎の正社員求人が多数。
大手企業からの求人もあります。

⇒ ジェイック

無料の就職支援講座+約20社との面接会が特徴的な就職支援サービスです。
就職成功率、定着率ともに高いです。

⇒ DYM就職

就職決定までの期間が平均して短い就職エージェントです。
優良企業の求人を多数取り扱っています。

⇒ ウズキャリ

業界でもトップクラスといえる手厚いサポートが特徴です。
じっくり話を聞いてもらい、サポートを受けたいニートの方に向いているといえます。

-ニート就職
-,

Copyright© 大学中退ニート 就職おすすめサイト , 2020 All Rights Reserved.